モンテインのウルトラレース The Spine が2014年1月に開催

・冬季のウルトラマラソン開催!

来年1月になりますが、268マイルをノンストップで走りぬく、”The Spine” という名称の冬季ウルトラマラソンが予定されています。
モンテイン社主催のイベントで、各種準備が着々と進んでいるようです。
食糧についての情報、GPXの情報修正、猛者の参加表明などなど。。

 

・その長さ430km以上

ちなみに1マイルは大体1.6km ですので、268マイルとなると430km以上!
夏ならまだわかりますが(いや、わかりませんがそれはそれとして)、冬季にこれだけの距離のウルトラマラソンとなると、すさまじい事前準備が必要そうです。
当然距離が長いので定点で監視をする人員も必要で、ボランティアの募集も行われていました。
担当するのは昼間かもしれないし夜かもしれないし数日に及ぶかもしれない、という、監視員ながらも高いポテンシャルが要求される、一般市民には非常に厳しい仕事です。

 

レースそのものへの参加は無理ですが、モンテインのmaniaとして、ボランティアは大変興味があるところです。
モンテインはいくつも山岳レースを主催していて、短いものは数十kmから、長いものは The Spine の430km以上と、各季節にさまざまな場所で多様な距離のレースがあります。 イギリスは夏は湖沼地方でのレースが良さそうですね。
アウトドアがさかんなので、いろいろなコースが整備されていますので、イベントでなくても歩くコースが多様にそろっています。

 

また、山岳地帯は非常に厳しい気候で、冬のアルピニスト達がモンテインのアイテムを着用してどんどん挑んでいます。
英語ですが関連情報を見ていると、モンテインのジャケットやパンツが実際に過酷な環境で使用されているところを写真で見ることができ、改めてその信頼性の高さに驚かされます。
特に冬季などは装備が多くなりますし、装備によるひっかきなども発生しますが、そういったことにもしっかりと耐えていることがわかります。

 

そしてやはりボランティアとしても、非常に入念な準備が必要になると想定されます。
非常に寒冷で、かつ湿気の多い寒さ特有のしみこむような寒さに耐えるようなクロージングを考えなければいけません。 湿気のある寒さも実はかなりやっかいで、寒い時にはスターダストのように湿気が流れ、体温をどんどんうばっていきます。 ですので頭部をおおうような装備、モンテインでいえばパンク バラクラバのようなヘッドギアも必須です。
口も覆ってくれるので、ある程度体温で空気を暖めて呼吸できるからです。

 

食糧補給などはどうするのか、数百キロもの長さだとちょっと想像がつきませんね。。
こんなすさまじいイベントを主催できるのも、メーカーとしてのモンテインの自信の表れだと私は思っています。 近い将来、ボランティアとして参加を目指したいですね!