モンテイン Lover さんの紹介

こんにちは!

 

当ブログはその名の通りモンテインのマニアを自認する管理人が書いておりますが、同じくらいモンテインが好きな方はやはりいらっしゃいます。

 

モンテイン Loverさんがその人で、ほとんど当ブログとかぶっていますね!

マニアかloverか。

 

 

loverさんのすごいところは、モンテインをスイスにまで持って行ってしまったところです。

やはりヨーロッパブランド好きとしてはヨーロッパでのアウトドア、特にスイスにはあこがれるところがありますが、それを地で行かれていて素晴らしい!

気軽に行けるスイスの名所としてグリンデルワルドやマッターホルンのふもとでマッターホルンが良く見えるスネガ展望台など、写真もそろえられています。

モンテイン フラックス ジャケットを携帯されていったとのことで、確かにこのアイテムは高所では特に役に立ちますね!

 

 

スイスの山岳地帯はロープウェイでさくっと1000メートル、2000メートルなど上がれてしまうので、ふもとと山頂の気温が15度くらい平気で違います。

さっきまで半そでだったのに、2時間後にはモンテインのジャケットを着ていないと寒いくらい(凍えます)になってしまいます。

 

 

そいう場面で私のおすすめは、ふもとではモンテイン フェザーライト スモック、夏の高所ではモンテイン ファーザーファスター ネオ ジャケット、少し寒くなったら、モンテイン アイスガイド ジャケットなどです。

モンテイン フェザーライト スモックは超軽量でかつものすごく小さく収納できるので、ほとんど持っているかどうかが気にならないくらいのレベルになります。

高所にあがってしまえばさっとしまって、モンテイン ファーザーファスター ネオや、モンテイン アイスガイド ジャケットに取り換えるイメージです。

どんどんイメージがわいてきて、とても楽しみですね!

 

 

あ、ちなみにですが、モンテインを日本に広めるのに竹野内豊さんが一役かったことは有名ですね。

あなたはモンテインを着てどちらにお出かけですか?

是非管理人にも教えてくださいね!

ダウンジャケット@モンテイン そぞろ歩きアイテム

北極圏で開かれるウルトライベント、Yukonアークティック というイベントがありますね。

モンテインの大イベントのひとつで、極寒の地を、吐息が凍結して呼吸器官がやられないようマスクまでしながら走る、というすさまじいイベントです。

普通の人は当然生死にかかわるため参加できませんが、20名弱の猛者が参加し、どこまで続くともしれない大地を走り続ける、とてつもないものです。

 

もちろん参加者はものすごい厚着をしていて、装備もつけているので何がなんだかわからない感じですが、当然モンテインのダウンジャケットは着用しています。

ダウンジャケットだけでなく、パンツも、モンテイン テラサーモ ストレッチパンツなどでしっかり装備しているはず、と推測します。

 

しかも1日だけではなく何日もかけて走る&歩きぬく、そして荷物も場合によっては自分でそりで引く、というイベントです。

モンテインのリリースしているビデオを見てみると、犬ぞり(犬たちが本当に元気そう!)やスノーモービルで荷物を移動させている、という場面もあるのですが、一方で漆黒の雪の降る闇の中を(極地なので、100%まっくらです)ヘッドライトをつけてそりをひいて歩いている、という、それはそれはおそろしい場面もあります。

近年のレース(モンテインもモンテイン以外も含め)はGPSなどできちんと位置情報をつかみつつ行っているので行き倒れの心配は少ないですが、それにしても究極のイベントだなと思わせられるビデオです。

 

もちろん恐ろしく限界な場面以外にも、スタート地点でモンテイン関係者や地元の人や世界中から集まってきた人々が盛り上がっていたりなど、楽しい場面もたくさんあります。

やはり自分の限界に挑むものだけに、完走したときの喜びもまたとても大きなものなのでしょうね!

 

参加者がレースで着用していたものも含め、モンテインのダウンジャケットで、今ホットなモデルをチェックすることができます。

極限の場面から街のそぞろ歩きまで使えるので、冬に1着用意しておきましょう。

 

ウェアラブルデバイスを装備する

Appleのapple watchの発表もあり、ウェアラブルデバイスがさらにブレイクの予感が出てきました。

当ブログでも紹介してきましたが、アウトドアをさらに楽しむために、ウェアラブルデバイスもいくつも試しています。

 

ウェアラブルという言葉にあるように、ある意味では身につける装置を何でもウェアラブルデバイスと言えばいえますが、実際にウェアラブルデバイスとして認知されていて活用ができるものは大きく2通りにわかれます。

ひとつは、活動全般(歩く、走る、泳ぐ、寝る、など、1日24時間を全て記録してくれ、かつデータの管理もスマホで容易にできる)を計測する活動量計タイプ、もうひとつはスマホと連携して生活をさらに便利にするというスマートウォッチタイプです。

 

スマートウォッチとしては、来年発売されるというapple watchもありますが、現在人気があるのは”Pebble” ですね!

Pebbleは腕時計の中にアプリを仕込めるというもので、私も実際にiPhoneと連携して使っています。

音楽を聴くというだけでも、再生・停止はもちろん、曲送りもできますし、音量コントロールもできます。

腕につけた時計からこれらができてしまうので、カナリ便利です。

通信はブルートゥースを使っています。

そこで今考えているのは、イヤフォンもブルートゥースイヤフォンにして、全部コードレスで音楽を聴くこと。

Pebbleは5メートル防水の仕様も持つので、アウトドアにも応用できるはずです。

 

そしてアウトドアの観点では、やはり活動量計タイプのウェアラブルデバイスが重要です!

なんといっても、「今日は運動したなあ」、「今日は良く寝たなあ」 と思っていても客観的にどれくらい運動したのか、どれくらいよく寝たのか、といった、これまでわからなかった実際のデータを、スマホでさくっと見えるようにしてくれるところがすごい!

万歩計などで計測するという手もありますが、まず履歴の管理も難しいですし、グラフなどで表示することもできませんし、結局継続的にデータをとるにはあまり向きません。

そこを、活動量計タイプのウェアラブルデバイスだと、身につけているだけで、勝手にスマホやPCとブルートゥース通信でデータを更新してくれ、観たいときにいつでもグラフ表示までできてしまうのですから、なにせ手間が全くかかりません!!

続けられなくて困っていた、という人も、この「身につけるだけで1日24時間の全てがわかる」 というこのすごさは、はじめてみるとすぐに実感できると思います。

 

ちなみにウェアラブルデバイスで、最新情報を集めることができます。

かなりホットな話題を持ってきてくれますので、おすすめです。

ウェアラブル活動計、話題のfitbit forceを入手しました!

昨今話題になっているものの入手困難なfitbitの最新型の活動計、fitbit forceをついに入手しました!

やったー!

*ちなみに購入は価格的にも日本語の説明書がついているという意味でも↑がおすすめです。

 

写真で見ると大きいように感じますが、ディスプレイを搭載するようになった都合上バンド幅が若干太くなっているものの、全体的な印象はfitbit flexと似たようなイメージです。
そしてもう書いてしまいましたが、なんといってもforceの特徴は、【ディスプレイが搭載された】 こと!
flexではデータを見るためにはいちいちパソコン等にデータ同期をしてそちらで確認する必要がありましたが、forceではサイドのボタンを押せばパッとその場でforce本体で確認できてしまいます。
この便利さは、活動計の良さを全く異次元のものにしてくれるほどです。

 

ちなみに私はWithings PULSE も愛用していますが、そちらは本体にタッチパネル搭載(10日前までのデータも見える)で心拍計も備えているので、データをよりはっきり見たり前日と比較したり、また行動中に心拍計測をしたいという方は、こちらもおすすめです!
前日データなどを見たい場合には、タッチパネル部分をスライドするとすいすいとスクロールしていくので、ストレスもありませんよー。

 

さて、fitbit forceに話を戻しますと、こちらは本国アメリカでも非常に品薄の状態。 プレミアにもなってきますよねー。

 

私が入手したfitbit forceはブラックとSLATEのカラーの両方。 モンテインマニアとしては、両方手に入れないと気が済まないといったところです。
どんな服装にも似合うという点ではやはりブラック、ちょっと主張したいときにはSLATEというのがいいかもしれません。

 

fitbit forceのブラックはシックなマットな感じのブラックです。
てかてかしていないので、目立ちすぎずさりげなく装着できます。
forceのサイズはSとLの2サイズあり、男性にはL、女性はSが一般的には合うようです。
もちろん留め具が時計のように調整できるので、手首の太さに応じて適宜調節して着用できます。

 

そして計測。
forceではランニングなど、運動をしていた時間(英語ではvery active minutes)を別途計測できるようになっています。
ですので普通に歩いた時間は普段から計測しておき、運動した時間は別に記録しておくことができますので、いつどれだけ運動したかもわかります。
そして歩数はもちろんのこと、腕にそのままつけているだけで睡眠の質までわかってしまいます。

 

ちなみに、ご存じの方もいるかと思いますが、昔、「スリープトラッカー」という睡眠計測の機械がはやりました。
寝返りの頻度などを基準に眠りの質を測るものですが、それと基本原理は同じだと思います。

 

そんなこんなでいろいろといいことづくめのforce。
私はこれからいよいよ実際に使い込んでいく段階に入ります。
実際に使ってみての感想など、これから随時アップしていきますのでお楽しみに!

MONTANEブランドの見せつけるシェルの強さ

モンテインは強い!!

風が冷たくなってきました。
となると、シェルジャケットがちょうどいい時期ですね。

先日はハセツネもありましたが、モンテインを着用している人をちらほら見かけました。
プリズムパンツを穿いている人もいて、ちょっとうれしかったですね。

 

というパンツの話題はさておき、MONTANEブランドのシェルジャケットの話です。

スペクトラスモックが残念ながら廃盤となりましたが、エアジャケットやエクストリームジャケット、
スーパーフライジャケットといったモデルはロングヒットになっています。
もちろん私もこれらのジャケットは持っていて、どれも甲乙つけがたいのですが、スーパーフライジャケットが
中でもお気に入りです。

スーパーフライジャケットが何がすごいかというと、軽い生地ながら、eVent採用なので防水性が高く、
縫い目の裏側にはきっちりと防水シームで処理されているので、雨具としても高性能であること。
それから蒸れないこと(重要です)!!
そしてデザイン性が高いこと(これも重要)!!

 

軽いので、ちょっと寒いときには基本的にあまり考えずに着ることができます。
私はブラックを持っているので、タウンユースで着ても全く問題無く格好良く着られます。
かえってその辺のブランドで固めているよりも格好いいと自分では思います(がいかがでしょうか? かっこいいですよね!)

当然秋冬のアウトドアのアウターとしても活躍しています。
耐久性が高いので、なんらかハードな局面があっても全く問題なし。

≪吹雪にまで耐えられるようモンテインが設計したシェルです、大きなポケットやフルカバーのフードも備えた、軽量登山のクラシックモデル≫

というウリ文句にもあるように、本当に耐久性が高いです。

自宅で雪がふったときなどもそのまま着て出かけていけばいいだけなので、重宝しますよー。

とまあ、MONTANEのシェルジャケットは、タウンユースでもアウトドアでも、春・秋・冬と通して活躍してくれますので、
とにかく1着は持っておくのがマニアとしては必須と考えます。

イギリスも気候がハードなので、その土地のアウトドアにも耐えられるように作られたわけですから、やはり
日本にきても「モンテインは強い!」 というのが実感できるんですね!

冬が迫っていますが、シェルはダウンの上から着ることもできるので、どの時期に導入するのもおすすめ。
秋なら1着あれば済みますし、これから備えるのも当然ありです!

今年の冬も強いモンテインと一緒にやっていきましょう。